メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

ヒアリ対策再開 68港湾で水際作戦

 港湾を中心に日本各地で昨年5月に初めて見つかった強毒性の外来種ヒアリの侵入を食い止めるため、環境省は今年度も本格的な対策を再開した。主な侵入経路となっている中国からの定期コンテナ航路がある68港湾で生息調査し、見つかれば駆除する。中国側にも対策を求めているが返事がないため、日本単独で水際作戦を実行せざるを得ない状況だ。

 環境省は昨年見つかったヒアリについて一時的な初期段階とし、世代にわたって繁殖する定着を防ぐには肝心…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです