メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

ボランティア、幅広い年齢で参加を 日本大会組織委・嶋津事務総長

ラグビーワールドカップ日本大会の準備状況について説明する大会組織委員会の嶋津昭事務総長=東京都新宿区で2018年5月2日、根岸基弘撮影

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会は、8日で開幕(9月20日)まで500日となった。1月にチケット販売が始まり、4月には出場国が大会中に滞在する公認キャンプ地52カ所が決定。大会ボランティア「チーム・ノーサイド」(1万人)の募集も始まった。アジア初開催となる日本大会の準備状況などについて、大会組織委員会の嶋津昭事務総長(74)に聞いた。【聞き手・大谷津統一】

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです