メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

ボランティア、幅広い年齢で参加を 日本大会組織委・嶋津事務総長

ラグビーワールドカップ日本大会の準備状況について説明する大会組織委員会の嶋津昭事務総長=東京都新宿区で2018年5月2日、根岸基弘撮影

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会は、8日で開幕(9月20日)まで500日となった。1月にチケット販売が始まり、4月には出場国が大会中に滞在する公認キャンプ地52カ所が決定。大会ボランティア「チーム・ノーサイド」(1万人)の募集も始まった。アジア初開催となる日本大会の準備状況などについて、大会組織委員会の嶋津昭事務総長(74)に聞いた。【聞き手・大谷津統一】

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです