メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

震災から立ち直ろうとする勇気を伝えたい 日本大会アンバサダー・桜庭吉彦さん

ラグビーワールドカップ日本大会のアンバサダーを務める桜庭吉彦さん=岩手県釜石市で2017年4月26日、谷口拓未撮影

 アジア初開催となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会は北海道から九州まで12会場で分散開催される。11年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市もその一つ。大会を通じ、復興へと歩む姿を世界に届けようとしている。日本代表としてW杯3大会に出場し、日本大会のアンバサダーを務める地元の釜石シーウェイブスのゼネラルマネジャー兼監督である桜庭吉彦さん(51)に、釜石でW杯を開催する意義や期待などを聞いた。【聞き手・谷口拓未】

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1313文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです