メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

慶応大大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授  林美香子

林美香子氏

農都共生 情報、人材、経済の循環が活力を生む

 日本では、急激な都市化や工業化、縦割り行政の影響などもあり、これまでは農村と都市の地域政策を個別に考えることが多かった。しかし、地域活性化のためには、農村と都市をトータルに捉える「農都共生=農村と都市の共生」が大切と考えている。

 農家の人たちが運営する農産直売所・農家民宿・農家レストラン・農業体験などで、都会の人たちが、グリーンツーリズム(農村地帯で過ごす休暇)を楽しみ、交流や連携を重ね、農村と都市の相互理解を深めていくことが、農都共生の推進につながり、農村と都市双方の地域活性化に力を発揮する。

 都市住民のライフスタイルが変化し、「物質的豊かさ」より「心の豊かさ」を重視する人や、レジャー・余暇…

この記事は有料記事です。

残り2368文字(全文2691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]