メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

慶応大大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授  林美香子

林美香子氏

農都共生 情報、人材、経済の循環が活力を生む

 日本では、急激な都市化や工業化、縦割り行政の影響などもあり、これまでは農村と都市の地域政策を個別に考えることが多かった。しかし、地域活性化のためには、農村と都市をトータルに捉える「農都共生=農村と都市の共生」が大切と考えている。

 農家の人たちが運営する農産直売所・農家民宿・農家レストラン・農業体験などで、都会の人たちが、グリーンツーリズム(農村地帯で過ごす休暇)を楽しみ、交流や連携を重ね、農村と都市の相互理解を深めていくことが、農都共生の推進につながり、農村と都市双方の地域活性化に力を発揮する。

 都市住民のライフスタイルが変化し、「物質的豊かさ」より「心の豊かさ」を重視する人や、レジャー・余暇…

この記事は有料記事です。

残り2368文字(全文2691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです