メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 小林文乃 『グッバイ、レニングラード』

極限状態で生まれた交響曲が傷ついた市民に未来を見せてくれた

◆『グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪』小林文乃・著(文藝春秋/税別1700円)

 幼い頃に訪ねた極北の大地。25年の月日が流れ、再びかの地に立つことになった。ずっと温めていたノンフィクションを書くために。

「10歳のときに、子供特派員としてモスクワに行きました。外国人があまり入国できなかった時代で、子どもとはいえコルホーズ(集団農場)にホームステイしたのは私くらいではなかったかと思います。そのときから、『ソ連と私』に関する本をいつか書きたいと、ずっと思っていました」

 第二次世界大戦中、レニングラード(現・サンクトペテルブルク)はナチス・ドイツによっておよそ900日…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです