メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

NetEase Cloud MusicとBig Hit Entertainment が防弾少年団の楽曲カタログ発売で提携(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

NetEase Cloud MusicとBig Hit Entertainment が防弾少年団の楽曲カタログ発売で提携

AsiaNet 73409 (0809)

【杭州(中国)2018年5月8日PR Newswire=共同通信JBN】中国の主要な音楽プラットフォームのNetEase Cloud Musicは、韓国に拠点を置くBig Hit Entertainmentと提携合意を結んだ。合意により中国の同プラットフォームが、そのプラットフォーム上で防弾少年団(BTS)の楽曲のレパートリーを発売する。

韓国に拠点を置くエンターテインメント企業、Big Hit Entertainmentは音楽に重点を置き、2013年にデビューした同社の主要な男性グループのBTSの代理となり管理する。BTSは7人の男性ボーカリスト、RM(アールエム)、Jin(ジン)、SUGA(シュガ)、j-hope(ジェイホープ)、Jimin(ジミン)、V(ブイ)とJung Kook(ジョングク)で構成する。防弾少年団(Bangtan Sonyeondan)の略称BTSはまた、「防弾ボーイズ」(Bulletproof Boys)と「景色の向こうに」(Beyond The Scene)の略でもある。グループはデビュー以来、幾つかの国際的イベントとともに韓国で行われた音楽祭で幾つかの主要な賞を受賞した。2017年には彼らはBillboard Music Awards(ビルボード音楽賞)のTop Social Artistに指名され世界中の注目を集めた。この2月、彼らは再び受賞候補者リストに載り、国際的なスーパースターたちと競っている。

最近、NetEase Cloud Musicはそのプラットフォームで幅広い人気を持つBTSの楽曲カタログを発売した。それにはMIC Drop (Steve Aoki Remix) (Feat. Desiigner)、DNA、Spring Day、Not Today、Blood Sweat & Tears、Fire, Dope とI need Uが含まれている。

曲の著作権に加えてNetEase Cloud Musicは、Big Hit Entertainmentと共に、アーティストと曲のプロモーションについて協力し、音楽ビジネスの全ての面をカバーする緊密なコラボレーションを開始した。両者は幅広い聴衆に質の高い音楽サービスを提供する一方で、協力して、マルチチャンネルを使って音楽アーティストとその作品の人気を高めることを期待している。

2013年4月に設立されたNetEase Cloud Musicは、様々な特徴を持つ提供形態で利用者が音楽を見つけ共有するのを助けることに重点を置いている。それには個別化されたレコメンド、楽曲レビュー、プレーリストや音楽コミュニティーへのアクセスが含まれる。この5年余り、このプラットフォームは同業者よりも急速に成長し、 4億人超の利用者を抱える、中国で最も人気のある音楽プラットフォームになった。このプラットフォームには豊富な韓国ミュージックがあり、韓国楽曲カタログの際立ったニーズを目の当たりにした。以前には、人気韓国ドラマ、Strong Woman Do Bong-soon OSTが55万曲をプラットフォーム上で販売した。 このプラットフォームはこの3月、韓国に拠点を置くS.M. Entertainmentの楽曲著作権の認可を受けた。BoA(ボア)、TVXQ!(東方神起)、Super Junior(スーパージュニア)、Girls' Generation(少女時代)、 SHINee(シャイニー)と f(x)(エフエックス)を含む幾つかの主流の韓国歌手とグループの曲のポートフォリオを追加して、NetEase Cloud Musicは中国の韓国音楽ファンたちの集合場所になった。幾つかの曲は、このプラットフォームが数えるのを打ち切る999以上のコメント数を急速に超えた。

素晴らしい製品の経験と著作権への実績のある運営能力を持つNetEase Cloud Musicは、国内外のパートナー双方から価値のあるパートナーと見られている。過去数年にわたり、このプラットフォームは、エイベックス、Shanghai Henian Information Technology、 Miman Culture Media、Kobalt Music、 Forward Music、 EE-Media、ソニー・ミュージックエンターテインメント、B2 Musicを含む幾つかの音楽とエンターテイメント会社との間で協力合意書に調印した。そして台湾最大のデジタル音楽プラットフォームのKKBOXと世界最大の中国語音楽プロモーション・プラットフォームを創設することで提携した。Big Hit Entertainmentは同じ音楽の価値観と市場判断と経営哲学を共有することからNetEase Cloud Musicとの提携を選んだ。この選択はまたBig Hit EntertainmentがNetEase Cloud Musicの強みを認識していることを示している。

ソース:NetEase Cloud Music



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです