メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

東大史料編纂所長に保谷徹教授 「伝統と最先端 融合」

保谷徹氏=栗原俊雄撮影

 幕末維新史の第一人者、保谷徹・東京大教授(61)が4月、東京大史料編纂(へんさん)所の所長に着任した。前身である史料編纂掛以来33代目、教員や事務、技術職員ら約150人のトップとなった。

     ■  ■

 同所の歴史は江戸時代の和学講談所までさかのぼる。その事業を継承しつつ、1869(明治2)年に明治政府の修史事業が始まる。そこから数えても約150年の歴史がある。1906年には外務省から『幕末外国関係文書』編纂の事業を引き継いだ。現在の名称になったのは29(昭和4)年。敗戦後の49年には文部省から維新史料編纂事業を継承した。

 『大日本史料』『大日本古文書』などの基幹史料集を1100冊以上刊行してきた。史料は複製による収集が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです