メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

東大史料編纂所長に保谷徹教授 「伝統と最先端 融合」

保谷徹氏=栗原俊雄撮影

 幕末維新史の第一人者、保谷徹・東京大教授(61)が4月、東京大史料編纂(へんさん)所の所長に着任した。前身である史料編纂掛以来33代目、教員や事務、技術職員ら約150人のトップとなった。

     ■  ■

 同所の歴史は江戸時代の和学講談所までさかのぼる。その事業を継承しつつ、1869(明治2)年に明治政府の修史事業が始まる。そこから数えても約150年の歴史がある。1906年には外務省から『幕末外国関係文書』編纂の事業を引き継いだ。現在の名称になったのは29(昭和4)年。敗戦後の49年には文部省から維新史料編纂事業を継承した。

 『大日本史料』『大日本古文書』などの基幹史料集を1100冊以上刊行してきた。史料は複製による収集が…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです