メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

梅雨先取り じめじめモード=鮫島弘樹 /愛知

 ゴールデンウイークはどのようにお過ごしでしたか。楽しかった大型連休が終わり、再び仕事モードに切り替えなければなりませんが、お天気も連休中の春らしいさわやかモードから、連休明けは梅雨の走りを思わせるじめじめモードへと切り替わりました。

     日本列島の南岸に前線を伴った低気圧が進んできたためで、7日から8日にかけて雨が降り、雲に覆われて湿気の多い天気になりました。これは前線に向かって南から湿った空気が流れ込んで来るためで、少しずつ夏の空気の影響を受けるようになってきているからです。この前線の登場に合わせて、気象庁から7日に奄美地方で、8日に沖縄地方で梅雨入りの発表がありました。沖縄・奄美地方では本格的な梅雨のシーズンとなります。

     東海地方などは、梅雨入りまでにこれから1カ月ほどの猶予があります。しかし、最新の1カ月予報によると、関東から九州にかけて降水量が平年より多く、沖縄・奄美地方で少ないと予想されています。今年ははるか南のフィリピン付近で海面水温が高く、発達した雲ができやすくなっています。この付近で雲が発達すると日本の南海上の高気圧が強まる傾向があり、高気圧が強まることによって、前線が南から押されて北上しやすくなります。

     そのため、関東から九州にかけては北上する前線の影響を受けやすく、梅雨を先取りしたような天気に、逆に沖縄・奄美地方では強まる高気圧に覆われて前線の影響を受けにくく、空梅雨になることが心配されます。(気象予報士・写真部)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]