メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山市

整備計画、城前に新交流広場 フリマ活用も 紀陽銀跡地 /和歌山

建設予定の和歌山城前広場のイメージ=和歌山市提供

 国史跡の和歌山城(和歌山市)前で、和歌山市が新たな交流スペースの整備を計画している。同市役所の東側に隣接する紀陽銀行和歌山中央支店を取り壊し、跡地に建設する計画だ。休憩用のベンチや売店などの設置が検討されているほか、フリーマーケットなど幅広い活用が期待されている。

 同銀行の敷地面積は約930平方メートル。銀行前の歩道が非常に狭いため、県が拡張を計画した。これに合わ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです