メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山市

整備計画、城前に新交流広場 フリマ活用も 紀陽銀跡地 /和歌山

建設予定の和歌山城前広場のイメージ=和歌山市提供

 国史跡の和歌山城(和歌山市)前で、和歌山市が新たな交流スペースの整備を計画している。同市役所の東側に隣接する紀陽銀行和歌山中央支店を取り壊し、跡地に建設する計画だ。休憩用のベンチや売店などの設置が検討されているほか、フリーマーケットなど幅広い活用が期待されている。

 同銀行の敷地面積は約930平方メートル。銀行前の歩道が非常に狭いため、県が拡張を計画した。これに合わ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]