メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴールデンウイーク

県内観光地に41万人 好天影響で前年比0.8%増 まとめ /香川

大勢の参拝客が訪れた金刀比羅宮=香川県琴平町で、村松洋撮影

 県は、ゴールデンウイーク中(4月28日~5月6日)の県内主要観光地の人出について発表した。14の観光地・施設を訪れたのは計41万4952人(一部推計)で、日数が同じ9日間だった前年より0・8%増加。おおむね好天に恵まれたこともあり、平日を除いた土日祝日の1日あたりでは5万3260人と前年(5万1789人)から2・8%増えた。【小川和久】

 四大観光地(栗林公園、屋島、琴平、小豆島)を訪れた人の総数は20万6185人で前年比1・0%増。施…

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1788文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです