メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

色の見え方、皆同じ? 国内に「色弱」320万人 標識を見やすく改善=回答・谷本仁美

改正された安全色を使った標識の例。(左から)消火器、避難場所、放射性物質を示す

 なるほドリ 鳥と人間は色の見え方が違うと聞いたよ。人間は皆、見え方が同じなの?

 記者 必ず同じではありません。例えば、生まれつき色の見え方が一般と少し異なる人が国内に約320万人いるとされます。目の中に「錐体(すいたい)」という色を感じる3種類の細胞(さいぼう)がありますが、いずれかの働きがなかったり、弱かったりするのが原因です。視力や視野(しや)に問題はなく、病気のように治すというものではないので、多様性(たようせい)の一つと捉(とら)えて「色弱(しきじゃく)」と呼ぶことを提唱(ていしょう)している団体もあります。それとは別に、緑内障(りょくないしょう)や白内障(はくないしょう)など、目の病気に伴って色の区別がしにくくなるこ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです