メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

色の見え方、皆同じ? 国内に「色弱」320万人 標識を見やすく改善=回答・谷本仁美

改正された安全色を使った標識の例。(左から)消火器、避難場所、放射性物質を示す

 なるほドリ 鳥と人間は色の見え方が違うと聞いたよ。人間は皆、見え方が同じなの?

 記者 必ず同じではありません。例えば、生まれつき色の見え方が一般と少し異なる人が国内に約320万人いるとされます。目の中に「錐体(すいたい)」という色を感じる3種類の細胞(さいぼう)がありますが、いずれかの働きがなかったり、弱かったりするのが原因です。視力や視野(しや)に問題はなく、病気のように治すというものではないので、多様性(たようせい)の一つと捉(とら)えて「色弱(しきじゃく)」と呼ぶことを提唱(ていしょう)している団体もあります。それとは別に、緑内障(りょくないしょう)や白内障(はくないしょう)など、目の病気に伴って色の区別がしにくくなるこ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです