メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

学校制服を考える

東京・銀座の中央区立泰明小学校の入学式に向かう新入生=2018年4月6日午前9時2分(代表撮影)

 東京・銀座の中央区立泰明小学校(和田利次校長)が今春、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」監修の高価な「標準服」を採用し、「公立小の制服としてふさわしくない」などの議論を呼んだ。学校教育の現場や児童・生徒の日常生活において、制服にはどんな役割があるのか。そもそも必要なのか。改めて制服の意味を考える。

この記事は有料記事です。

残り4403文字(全文4554文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです