メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第4部・パリ五月革命/上 挫折のデモ、実も結ぶ 労働者や女性の地位向上

ロマン・グーピルさん

 フランスで政権に反対するデモやストが多発している。マクロン大統領の進める国鉄などの改革に労働組合や市民が反発しているためで、メーデーの1日には一部の暴徒が米系店舗を破壊する事態にも発展した。権力への激しい抗議運動の「原点」とも言える出来事が50年前にあった。学生運動に端を発した「五月革命」。功罪の評価が今も定まらない「革命」の実像と後の時代への影響を、当時の若者の回想などから探る。【パリ賀有勇】

 剥がされた石畳の街路の石片が積み上げられてバリケードとなり、デモ隊と警官隊がそれを挟んでにらみ合う…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1376文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです