メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

欧州「維持」に望み 米大統領判断

ロウハニ大統領=AP

 【ワシントン会川晴之、ロンドン矢野純一、ベルリン中西啓介】トランプ米大統領は8日午後(日本時間9日未明)、主要6カ国(米英仏独中露)とイランが2015年に結んだ核合意に対する判断を表明する。トランプ氏は「史上最悪の合意」と批判していた。合意から離脱した場合、イランの強い反発は必至で、合意継続を働きかけてきた米国以外の参加国との関係悪化も避けられない。原油価格上昇など経済面でも影響が出そうだ。

 トランプ氏は7日、「8日午後2時(日本時間9日午前3時)に決定を発表する」とツイッターに投稿した。…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです