メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

アンデスの悲しみ 北米総局・清水憲司

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにある国立科学技術研究院で出会った女性研究者、ビクトリア・フレクサーさん(39)の握手は、驚くほどの強さだった。電気自動車(EV)などの蓄電池に使われるリチウム開発の取材に来た私に「リチウムを海外に輸出するだけの現状を変えたい」と熱っぽく語った。

 リチウムより高価な蓄電池が地元で生産できるようになれば、貧しいままのアンデス地域を浮上させられる。そんな夢を抱いて、欧州から舞い戻ったという。

 かつてインカ帝国が栄えたアンデスには、先住民が多く住む。経済開発に取り残された結果、今も電気や水道…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです