メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒアリ

DNAで簡単判別 2時間程度で 国環研が開発

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)は8日、DNA分析技術を使い、強い毒を持つ外来種ヒアリを2時間程度で簡単に見分けられる判別法を開発したと発表した。

 ヒアリは南米原産で、体長が2.5~6ミリ。昨年6月に国内への初侵入が確認され、発見が続いた。目視では他のアリと区別が難しく、専門家が特定してい…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです