メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン核合意離脱 トランプ氏、制裁再発動を指示

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、2015年に主要6カ国(米英仏独中露)とイランが結んだ核合意からの離脱を発表した。合意で解除された米独自の制裁を再発動し、イランに「最高レベルの制裁」を科すことも強調した。イランは反発する一方で、合意にとどまると表明したが、米国の離脱で合意の空洞化は否めず、中東地域のさらなる不安定化を招く恐れがある。合意維持を求めてきた欧州諸国との亀裂も深めそうだ。

 トランプ氏は8日、制裁再発動の手続きに入るよう関係閣僚に指示する大統領覚書に署名した。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです