メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン核合意離脱 トランプ氏、制裁再発動を指示

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、2015年に主要6カ国(米英仏独中露)とイランが結んだ核合意からの離脱を発表した。合意で解除された米独自の制裁を再発動し、イランに「最高レベルの制裁」を科すことも強調した。イランは反発する一方で、合意にとどまると表明したが、米国の離脱で合意の空洞化は否めず、中東地域のさらなる不安定化を招く恐れがある。合意維持を求めてきた欧州諸国との亀裂も深めそうだ。

 トランプ氏は8日、制裁再発動の手続きに入るよう関係閣僚に指示する大統領覚書に署名した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです