メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン核合意離脱 トランプ氏、制裁再発動を指示

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、2015年に主要6カ国(米英仏独中露)とイランが結んだ核合意からの離脱を発表した。合意で解除された米独自の制裁を再発動し、イランに「最高レベルの制裁」を科すことも強調した。イランは反発する一方で、合意にとどまると表明したが、米国の離脱で合意の空洞化は否めず、中東地域のさらなる不安定化を招く恐れがある。合意維持を求めてきた欧州諸国との亀裂も深めそうだ。

 トランプ氏は8日、制裁再発動の手続きに入るよう関係閣僚に指示する大統領覚書に署名した。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです