メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

ロウハニ政権正念場 強硬派、米合意離脱なら攻勢

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が8日午後(日本時間9日未明)に離脱の是非などを発表する、米国など主要6カ国とイランが結んだ核合意。イラン側で交渉を主導したのは保守穏健派のロウハニ大統領だ。トランプ氏が離脱を決断した場合、反米の保守強硬派がロウハニ師への非難を強める可能性もあり、ロウハニ政権は正念場を迎える。

 イランは米国が合意を離脱した場合、イランも離脱する可能性に含みを持たせている。しかし、ロウハニ師は…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです