メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

吉田幸助、五代目玉助襲名披露狂言 豪快に決めたい

吉田玉助さん

 文楽人形遣いの吉田幸助が、五代目吉田玉助を襲名。12~28日の東京・国立劇場小劇場文楽公演第1部の襲名披露狂言「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 勘助住家の段」で、横蔵後に山本勘助を遣う。

     新・玉助は1966年生まれ。人形遣いの二代目吉田玉幸(四代目玉助追贈)の次男で三代目玉助の孫。中学生時代の80年に父に入門し、人形遣いの道を歩き始めた。

     「師匠でもある父にはよく怒られましたが、今あるのは父のお陰だと思っています」

     「勘助住家」の勘助は、三代目玉助襲名披露演目(42年)でもある。武田信玄と長尾(上杉)謙信の争いが題材だ。

     軍師山本勘助の遺児横蔵は孝行な弟の慈悲蔵と異なる粗暴な男。謙信の子、長尾景勝は自分と容貌の似た横蔵を家来にしようとするが、横蔵は自分で片目をえぐって人相を変え、信玄の軍師となり、勘助を継ぐと宣言する。

     「勘助を遣うのは初めてです。後半を意識せず、前半では、ならず者らしさを出したいです」

     慈悲蔵との立ち回りや、衣装を一瞬で改める「ぶっ返り」など、はなやかな手がついている。「豪快に遣うことを心がけたいです。立ち回りも慈悲蔵の(吉田)玉男さんときれいに決めたいですね」

     問い合わせは0570・07・9900。【小玉祥子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
    2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
    5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]