メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラム@やまがた

証言が掘り起こす負の歴史 /山形

 「もう終わったことだから」--。今年4月中旬、県立の知的障害者施設が1960年代、女性入所者に対して旧優生保護法(48~96年)に基づく集団での不妊手術を要求していた問題を報じた。当時の施設側とのやりとりを証言した入所者の娘の母親(88)は当初、取材にこう話して多くを語ろうとはしなかった。

 ただ、取材を重ねるうち、「女性として(娘には)手術を受けてほしくない」という本音と、施設側の要求に応えなければという葛藤に揺れた当時の苦しみを涙ながらに打ち明けてくれた。手術を受けた娘に対して「かわいそうなことをした」とい…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]