メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

掘削再開 23日ぶり 県、保管場所を確保 /香川

不法投棄地で掘削されたドラム缶=香川県土庄町の豊島で、岩崎邦宏撮影

 産業廃棄物の再調査を進めている豊島(土庄町)の産廃仮置き場が満杯になり掘削できなくなっていた問題で、県は9日、保管場所が確保できたとして産廃の掘り起こしを再開した。先月16日に見つかった産廃を23日ぶりに掘削し、ドラム缶とみられる金属の塊や産廃汚泥が少なくとも約27トン確認された。

 県は先月12日に処分地に産廃が残っていないか再調査を始め、今月8日までに全体の約9割を終えた。しかし、豊島の産廃仮置き場が満杯になり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです