メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

核合意、どんな約束なの? 核兵器開発につながる活動抑制 対話重ね歩み寄った「政治の知恵」=回答・福永方人

核問題交渉の合意を受け、記者会見場に姿を見せたイランと6カ国の各外相(当時)=ウィーンで2015年7月14日、田中龍士撮影

 なるほドリ 米国のトランプ大統領が核(かく)の話でイランに怒っているんだって?

 記者 イランはイスラム教シーア派が支配する中東(ちゅうとう)の大国です。米国がまだオバマ大統領だった2015年7月、イランと主要6カ国(米英仏中露独)は、イランの核開発について話し合い、約束を交わしました。ところが、トランプ大統領は「もう米国は抜ける」と宣言してしまったのです。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです