メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
木語

中国・輸入博の思惑=坂東賢治

 <moku-go>

 中国が40年前に改革・開放政策に踏み切るまで、世界と中国経済をつなげる数少ない窓口の一つが春と秋に開かれる広州交易会だった。

 1957年に始まり、60年代の文化大革命時にも続けられた。日本にとっても国交のない時代の中国との貴重な交流、商談の機会だった。

 国交正常化前年の71年春の交易会時、本紙は「大企業ずらり参加」と政治を先取りした動きを大きく伝えている。

 改革・開放後、世界との窓口が段階的に広がり、独占的地位はなくなったが、輸出主導型発展を支えるショー…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1005文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]