メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米のイラン核合意離脱

中林美恵子・早稲田大教授

 イラン核合意からの離脱を表明したトランプ米大統領。国際的な約束をほごにする振る舞いにイランは反発、合意維持を求めてきた欧州やロシアとの亀裂も広がる。イランを敵視するイスラエル寄りの姿勢には11月の米中間選挙に向けての政治的な思惑がのぞく。近く開催される見通しの米朝首脳会談や世界の原油需給への影響は。

この記事は有料記事です。

残り4425文字(全文4576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです