メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

米離脱 合意、一気に空洞化

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領が8日、核合意からの離脱を表明したのは、現在の合意では「イランの核兵器取得を防ぐことができない」ことが理由だ。イランが合意にとどまると表明したことで、かろうじて合意崩壊は免れたものの、米国の離脱で合意の空洞化は否めない。

 イランの核問題は2002年8月、イラン反体制派が暴露したことで表面化した。以後、英仏独の欧州3カ国がイランと交渉を重ね、核活動の一時凍結に合意した。だが05年にイランに対外強硬派のアフマディネジャド政権が誕生したことで合意は崩れる。包括的な核合意に至るまで10年の歳月を要した。

 この合意の成果は、イラン核危機を少なくとも10年間は先延ばしできたことにある。合意以前は「イランの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです