メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第4部・パリ五月革命/中 フェミニズム運動進展 セクハラ告発へ続く闘い

フェミニストとして女性の権利拡大運動を続けてきたクリスティーヌ・デルフィさん

 「『無名戦士』よりも無名なのは、その妻だ!」

 1968年の「五月革命」から2年後の70年8月、クリスティーヌ・デルフィさん(76)は設立間もないフェミニスト団体「女性解放運動」(MLF)の仲間たちとパリの凱旋(がいせん)門に向かってデモ行進した。目指したのは凱旋門の地下にある身元不明の戦死者の「無名戦士の墓」。皮肉を利かせた横断幕を掲げるデルフィさんらフェミニストのパフォーマンスは、メディアで大きく取り上げられた。

 女性の解放と権利拡大を目指すフェミニズム運動は、フランスでは第二次大戦後に広がり始め、65年には夫…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1236文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです