メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

五月病は6月のせい?=東洋大学国際学部教授・横江公美

 ゴールデンウイーク(GW)が終わると五月病の季節だ。GW明けの月曜日には、いつも一番前に座って授業を引っ張る学生が休んでいた。次の授業でも熱心にノートを取る学生が休んでいた。いずれも病気による欠席だというが、五月病かもしれないと心配になった。

 というのも、第一線で働き、仕事が楽しくて仕方がないと思われる人たちとの会話で「GWが終わると、今年は次の楽しみがない」という声があったからだ。私もGW後にカレンダーを見て、負の感情がわずか一瞬だが、わいた。五月病は新入生と新入社員に特有のものではない。

 GWが終わると、どうして気落ちしがちになるのだろうと考えた結果、6月に原因があるのではないかと思い…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです