メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナド=沼津港深海水族館提供

レア度 ★★★

探求度 ★★★★

グルメ度 ★★★★★

生息域 日本近海の水深約350メートルまでの貝殻混じりの砂泥地/体長 約20センチ

 ホウボウの仲間。脚のように変化した胸ビレで、海底を歩くように移動する。胸ビレは味を感じることができ、砂に突き刺して動きながらエサを探す。好物はゴカイやエビの仲間と考えられている。

     食べられる部分が少なく、底引き網にかかってもたいていは捨てられる。だが、刺し身で食べてみると歯ごたえがほどよく、臭みもない。脂っぽさはなく、さっぱりした味だ。味を探求してエサを得ることで、自らも味わいある魚になるのは努力の結晶のようだが、自然界では少し皮肉かもしれない。【荒木涼子】

     (評価・写真は沼津港深海水族館。最大★5)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
    3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
    4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
    5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]