メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯・レジェンドからの伝言

/2 心身ピーク、調整重要 遠藤保仁さん

2014年W杯ブラジル大会のギリシャ戦でプレーする遠藤=宮間俊樹撮影

遠藤保仁さん(38)=MF 2006年ドイツ、10年南アフリカ、14年ブラジル各大会代表

 26歳でワールドカップ(W杯)初出場だった2006年ドイツ大会では、フィールドプレーヤーで唯一出番がなく、チームも1次リーグで敗退。中心選手だった10年南アフリカ大会では日本の16強入りに貢献したが、14年ブラジル大会は1分け2敗で終わった。「日本の心臓」と長く称されてきた男は、3度の大舞台で酸いも甘いも味わった。

 過去のW杯での明暗は「紙一重の部分だった」と指摘する。1次リーグで敗退した2大会は南アフリカ大会に…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです