メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳成人」に思う

主体性育てる教育を 法政大特任教授・尾木直樹さん(71)

 1989年に国連で採択された子どもの権利条約は18歳未満を「児童(子ども)」と定義し、日本は94年に批准しています。また、世界の多くの国が18歳から成人としています。日本は成人年齢引き下げが遅すぎるというのが率直な感想です。

 多くの子どもたちが高校3年生で成人年齢に達することになります。高校教育のあり方、生徒に対する教師の向き合い方も見直していかないといけません。授業やホームルーム活動を通じ、生徒の主体性を育てるような方向に変わっていってほしいと願っています。選挙権年齢も18歳以上に引き下げられており、高校における政治教育、主権者教育も一層重要性を増しています。

 家庭でできる教育もたくさんあります。親が政治に興味がないのに、子どもの関心は高いなんてことはあまり…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです