メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意離脱

ロウハニ大統領、将来的な離脱も示唆

米国の核合意離脱表明を受け、テレビ演説するロウハニ大統領=2018年5月8日、イラン大統領府提供・AP

米の制裁再発動で「イラン経済への影響が深刻化」なら

 【ワシントン会川晴之、清水憲司、パリ賀有勇】トランプ米大統領は8日、2015年に主要6カ国(米英仏独中露)とイランが結んだ核合意からの離脱を発表した。制裁再発動を指示する大統領令にも署名し、イランに「最高レベルの制裁」を科すと強調した。当面は合意にとどまる意向を示したイランのロウハニ大統領だが、イラン経済への影響が深刻化すれば将来的な離脱もあり得ることを示唆。また、英仏独首脳は米国の合意離脱を「遺憾」とする共同声明を発表し、欧州経済への影響を懸念するなど、波紋が広がった。

 トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、弾道ミサイル開発などの規制が核合意に含まれていないことに強い…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1224文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです