メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外科手術

高齢医師の執刀で死亡率低く 英医学誌に発表

内科治療は逆の結果に

 外科手術は若い医師より高齢の医師が執刀した方が患者の死亡率が低いとの米国内での研究結果を、米カリフォルニア大ロサンゼルス校の津川友介助教らが英医学誌BMJに発表した。同助教らが昨年発表した内科医の年齢別の治療成績では、死亡率は医師が若いほど低かった。内科医と外科医で逆の結果が出たことについて、津川助教は「内科では最新の医学知識が重要なのに対し、外科では技術的側面も重要になるためでは」と指摘する。

 2011~14年に米国の病院で65~99歳の患者が受けた手術約89万件を解析。大腿(だいたい)部骨…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです