メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄色のワンピースを着た女性=日本ファッション協会提供

 暦の上では夏になり、装いが身軽になると同時に差し色も華やかになっている。今季は特に黄色に人気が集中。小物だけでなく、トップスやスカートなどさまざまなアイテムで取り入れられている。

 「ファッションは社会の鏡」といわれるように、トレンドはその時の経済状況や気候などに大きく左右される。例えば、2008年のリーマン・ショックから数年間は黒が人気だった。不景気の波が押し寄せ、テロや異常気象など不穏なムードが漂っていた時期。人々の気持ちが暗くなったのが背景にあるのはもちろんだが、節約志向の高まりもあって、性別年齢問わず、どんなシチュエーションでも着こなせる黒が重宝された。現在は景気も回復し、街では東京オリンピックの話題などお祭りムードさえ感じられる。「幸せ」「明るい」といったイメージを持つ黄色は、今の時代を表している。

 今季の黄色は、スカートで爽やかさを演出するのがポイント。歩くたびに揺れるスカートはフェミニンだが、…

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです