メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

「フレンチの鉄人」坂井宏行さん バトンタッチまで心身もっと鍛えて

「料理人志望の若い子には、なるべく早く包丁を握らせるし、長時間労働もNG。料理の世界も時代に合わせて変わらなきゃ」=東京都渋谷区の「ビストロ イル・ド・レ」で、根岸基弘撮影

 仕事をしていると、いろんな名刺を受け取る。

 名前と肩書、連絡先を記した当たり前のもの、名誉職やら何やら、肩書を裏表に並べたてたもの、名前だけが記された傲岸不遜に思えるもの。

 さて、この人の名刺には「店主」とだけ、肩書が小さく刷られていた。

 「オーナー」でも「社長」でもない。商店街の、なじみの洋食屋で腕を振るうおやじさん、といった風情。一世を風靡(ふうび)した、かの料理番組「料理の鉄人」(フジテレビ系で1993~99年放送)で、「フレンチの鉄人」の名をほしいままにした巨匠にしては、何だか軽い。

 「いやいや実際、店のおやじに過ぎないんですよ、僕は。ふんぞり返って『おれはオーナーだ』なんていうの…

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです