メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/150 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(54)

 タケシは困って、友人ふたりに目をやった。テツは目を丸々と見開いて興味津々。ミヤのほうは登美子に気があるので、ききたくてたまらない様子だが、そっぽを向いて壁の富士山を見ている。なぜか自分の声が不機嫌だ。

「逢引(あいび)きじゃないっていってるだろ」

 テツは相変わらずにやにやしている。

「わかってる、わかってる。で、なにしてきたんだよ、タケシ」

 タケシはテツの隣で湯のなかに座った。ぬるめといっても下町の銭湯はかなりの高温だ。胸の下まで肌が赤く…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  3. プリキュア 横浜に歴代55人が初集結で1万人のファン歓喜! 本名陽子「ぶっちゃけ、ありえな~い!!」」
  4. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです