メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

東藻琴高校/上 合同販売会で地域と交流 /北海道

 オホーツク管内大空町(旧・東藻琴村)にある東藻琴高校(昼間定時制生産科学科、宮本匠校長)は、地域と密着した教育活動を展開している。「東高交流マルシェ」と名付けたイベントもその一つ。生徒たちが実習などで栽培・製造した農産物や加工品の販売だけでなく、農家や商店などにも出店してもらう、いわば地域の合同販売会だ。

 過疎化の進む地域を盛り上げようと、同高が地元の商工会などに呼び掛け、2010年にスタートした。例年…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです