メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

赤ちゃん4羽誕生 福井・越前市 ラッシュに沸く /北陸

卵からふ化した4羽のコウノトリ=福井県越前市で、福井県自然環境課提供

 福井県越前市が、誕生ラッシュに沸いている。国特別天然記念物コウノトリのペアが産んだ四つの卵から、愛らしいひなが相次いでふ化したためだ。ペアの飼育から7年を経て初めて産まれたひなだけに、越前市白山地区で飼育する県自然環境課は「温かい目で見守って」と呼びかけている。【大森治幸】

 2世を授かったペアは「ふっくん」(雄20歳)と「さっちゃん」(雌19歳)。野生定着を目指して兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです