メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く/2 多国間の枠組み必要 北京大国際関係学院・賈慶国院長

賈慶国氏=北京で2018年4月9日、河津啓介撮影

 米朝首脳会談の行方は不確定要素に満ちている。中米関係のあつれきも、その大きな変数となっている。

 3月26日の中朝首脳会談を契機とした中朝関係の急速な改善は、米国を見据えて両国の利益が一致したためだと言える。北朝鮮は中国を後ろ盾として対米交渉のカードとし、中国も北朝鮮と接近することで米国をけん制できるからだ。

 中米は現在、通商問題で摩擦が強まっている。トランプ米政権は、中国が譲ることのできない台湾問題で挑発…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1132文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]