メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

屈折した対イラン観=西川恵

 <kin-gon>

 トランプ米大統領は8日、米欧など6カ国が2015年にイランと結んだ核合意からの離脱を発表した。これは米国の保守派の間に根強くあるイランに対する屈折した見方を改めて見せつけた。

 かつて米国と王制時代のイランは緊密な同盟関係にあった。米軍はイラン国内に軍事基地を持ち、旧ソ連と中東一帯をにらむ重要な拠点だった。これが一変したのが1979年のイラン革命だ。

 米軍はイランを追い出されて中東に足場を失い、反米を掲げるイスラム新政権は米国の対外政策に盾突いた。…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1007文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]