メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー

政界、混迷深く 主導権争うフジモリ姉弟

アルベルト・フジモリ元大統領の長女ケイコ氏(右)と次男ケンジ氏=ペルー・リマで2009年4月8日、庭田学撮影

 南米ペルーでアルベルト・フジモリ元大統領(79)の恩赦をきっかけに起きた「お家騒動」。最大野党「人民勢力党」を率いるアルベルト氏の長女ケイコ氏(42)と、国会議員の次男ケンジ氏(37)の姉弟対立は、弟が「敗北」した格好になっている。一方、恩赦を巡っては、フジモリ政権時代の市民虐殺事件の遺族らが取り消しを要求する。ペルー政界では、歴代大統領を次々に巻き込む汚職疑惑が浮上し、ケイコ氏も関係しているとされる。ケンジ氏は次期大統領選への立候補をあきらめたのか。父アルベルト氏は影響力を維持するのか。フジモリ家の騒動を軸にペルー政治の展望を取材した。【リマで山本太一】

 フジモリ姉弟対立のきっかけとされるのは、ケイコ氏にとって2度目の立候補となった2016年大統領選だ…

この記事は有料記事です。

残り3775文字(全文4107文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです