メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳成人」に思う

20歳の式典、継続して 日本きもの連盟会長・奥山功さん(73)

 成人年齢が引き下げられようとしていますが、成人式挙行は現行の20歳を維持してほしいと考えています。

 成人式は、埼玉県蕨町(現蕨市)が1946年に開催した「青年祭」が始まりとされ、70年を超える歳月を経て発展し、国民生活に浸透しています。高校卒業後にそれぞれの道を歩み始めた若者たちが再会し、懇親を深める場にもなっています。18歳の多くは高校3年生。大半の地方自治体が成人式を開く1月は大学受験シーズン真っただ中で、成人を祝う環境が整っているとは言えません。

 成人式は大人になる喜びをかみしめ、責任を自覚する式典でもあります。男性は新調したスーツ、女性は振り…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文703文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]