メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

ハリル氏、協会提訴へ 代表監督解任 名誉回復求め

ハリルホジッチ前監督=西本勝撮影

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場するサッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が日本サッカー協会を相手に名誉回復を求め、今月中に東京地裁に提訴することを10日、ハリルホジッチ氏の代理人弁護士が明らかにした。

     ハリルホジッチ氏は2015年3月に監督に就任し、日本代表を6大会連続6回目のW杯出場に導いたが、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が「コミュニケーション不足」などの理由から先月7日に解任を告げた。

     弁護士によるとハリルホジッチ氏は、名誉毀損(きそん)での謝罪と、裁判を通して解任理由を知ることが目的。

     ハリルホジッチ氏はあいまいな理由での解任にショックを受けているといい、弁護士は「協会が解任を発表した記者会見ではハリルホジッチ氏が選手の意向を聞こうとせず、コミュニケーションを取らなかったと一般の人に受け取られる。裁判過程で解任の真相を明らかにするのも目的で、金銭のためではない」と話している。

     ハリルホジッチ氏側は日本サッカー協会へ解任理由などの詳しい説明を求めていたが、10日までに動きがないことから、質問状も送った。【大島祥平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
    3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
    5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]