メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

大阪・TSURUMIこどもホスピスでイベント 第3日曜一般開放、地域に広く

 重い病気の子どもとその家族を地域で支える「TSURUMIこどもホスピス(TCH)」(大阪市鶴見区)が、今年度から、毎月第3日曜日に一般の人も参加できるイベント「パブリックデイ」を始めた。定期的に開放し、活動を広め、地域との交流をより深める。

 TCHは小児緩和ケアを提供する国内初のコミュニティー型子ども向けホスピスとして2016年4月に開業。18歳以下の小児がんや心疾患など「命を脅かす病気」の子どもと家族が無料で利用できる。

 看護師や保育士らのスタッフが常駐し、安心できる環境で病気の子どもの願いをかなえる。遊具や楽器、工作…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです