メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

39歳でNFLチアに初合格 山口さん「遅すぎることはない」

シンシナティ・ベンガルズのオーディション最終選考会でダンスパフォーマンスを見せる山口紗貴子さん=米オハイオ州で2018年5月6日、Ann Wangさん提供

 米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のシンシナティ・ベンガルズ専属チアリーダー「ベンギャルズ」に、東京都出身の山口紗貴子さんが合格した。チームが現地10日(日本時間11日)に発表した。山口さんは1979年2月生まれで、39歳での初合格は日本人チアリーダーとしては最も遅咲きとなる。山口さんは「34歳からNFLチアリーダーになることを目指してきました。『諦めなければ願いはかなう。何かを始めるのに遅すぎることはない』と信じてやってきましたが、それが証明できてうれしい」と話した。【小座野容斉】

 山口さんは97年、玉川大学に入学し、ダンスドリルチーム「ジュリアス」に入部してチアダンスを始めた。…

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2389文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです