メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(8)ヴィクトリアマイル 女ヒョウのように ミスパンテール

2017年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリード=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー“こと中嶋真希記者が予想するG1シリーズ第8弾は、マイル女王の座をかけて争うヴィクトリアマイル(東京1600メートル、13日午後3時40分発走)。2015年にJRAのG1で最高配当(JRA史上5位)の3連単2070万5810円も飛び出した大荒れレース。今年はどうなる? 競馬担当30年の松沢一憲記者の解説を交えて、競馬の楽しさをお届けします。

 昨年のヴィクトリアマイルは楽しかった。レースがあった日、真希バオーは北海道苫小牧市の観光牧場「ノーザンホースパーク」で開かれたマラソン大会に“初出走”。04年菊花賞馬のデルタブルースやポニーたちとふれ合いながら走れて、一口馬主の権利が当たる抽選会もある。大会で最長コースの計28キロを走り終えてから、会場に設置された大型ビジョンでヴィクトリアマイルを観戦した。競馬好きでマラソン好きの参加者たちが、「差せ、差せ」の大合唱。馬券は外れ、一口馬主権も当たらなかったが、デルタブルースをなでることができたから大感激。「今年も出走します。今度は、馬券も一口馬主権もゲットしますよ」と気合十分だ。

 「牝馬の重賞って荒れるんだよ。牝馬は、好不調の波が激しいからな」と松沢記者。「18頭のうち10頭が、前走で阪神牝馬ステークス(S)=阪神1600メートル=を走っている。焼き直しの一戦みたいなものだな。過去10年、前走で阪神牝馬Sを走った馬は、7連対(7頭が1、2着に入った)しているから、このレースと相性は抜群。この組を中心に考えるのが妥当だ」と話す。

松沢記者の本命は……

 ◎アドマイヤリード、○ソウルスターリング、▲ミスパンテール、△リスグラシュー、△レーヌミノル、△アエロリット

 松沢記者は、昨年の覇者アドマイヤリードを指名。「前走の阪神牝馬Sは、4着。直線で前が壁になり、十分追えなかった。それでも1着とはわずか半馬身差。スムーズにいけば抜けきっていただろう。次走につながる強いレースだった」と評価。「力を出し切れば、ヴィルシーナ、ストレイトガールに次ぐ史上3頭目の連覇も十分にある」と期待する。

 オークス馬のソウルスターリングは、前走の阪神牝馬Sで10着。不振が続いているが、「前走は4カ月半の休み明けで、かかってしまった。天皇賞・秋(東京2000メートル)、ジャパンカップ(東京2400メートル)で牡馬にもまれてきたこの馬なら、巻き返しも可能だ」。

真希バオーの大胆予想

 「がんばれ!」応援馬券(単勝500円+複勝500円=1000円)

 ◎ミスパンテール

 ミスパンテールは、目下4連勝中。桜花賞16着、オークス10着とクラシックでは苦戦したが、4走前、清水S(京都1600メートル)の勝利から馬が一変。ターコイズS(中山1600メートル)、京都牝馬S(京都1400メートル)、阪神牝馬Sと重賞を3連勝した。3走前は馬群をこじあける勝負強さを見せ、前走は逃げ切り勝ちと、どんなレースにも対応できるタフさを持っている。さすが、名前の意味が「女豹(めひょう)」というだけある。

 コンビを組む横山典弘騎手は、スポーツ紙のインタビューで「ちょっと元気が良すぎるな。ヤンキー娘みたいだよ」と評していた。気性の荒いやんちゃな馬が好きな真希バオーにとっては、思わずにやけてしまうコメントだ。いつも大胆な騎乗でファンを楽しませてくれる横山ジョッキーと元気娘が、どんな走りをみせてくれるか楽しみだ。

タワーオブロンドン、不完全燃焼

 東京競馬場で6日に行われたNHKマイルCは、6番人気のケイアイノーテックが優勝。藤岡佑介騎手に、初のG1勝利をプレゼントした。2着に2番人気のギベオン、3着に9番人気のレッドヴェイロンが入った。単勝1280円、3連複2万1840円の高配当だった。

 真希バオーの本命、タワーオブロンドンは1番人気を裏切って12着。直線で渋滞にはまり、追うことすらできなかった。レースは、東京・渋谷での取材帰りにウインズで観戦。馬群に包まれたのを見て、思わず「ギャー」と叫んでしまった。周囲の人たちも、タワーオブロンドンが力を出せなかったことにがっかりしていたようだった。

 そういえば、愛するイスラボニータも昨年、同じ舞台の安田記念で、ルメール騎手とのコンビで追えずに負けたんだ。応援していた馬が、見せ場なく負けるのが最も悔しい。タワーオブロンドンは、顔の白い模様が個性的で、ファンの間で“ウシくん”と呼ばれる愛きょうたっぷりの馬。次のレースでは、のびのびと、ウシくんらしい走りを見せてほしい。

 フェブラリーS -1000円

 高松宮記念 単勝外れ 複勝払い戻し1100円(利益+100円)

 大阪杯 -1000円

 桜花賞 -1000円

 皐月賞 -1000円

 天皇賞・春 単勝払い戻し3000円、複勝払い戻し950円(利益+2950円)

 NHKマイルC -1000円

 収支-1950円【中嶋真希】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]