メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第62回 不思議な誤字

「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづっています。なお、この中には必ずしも一般的に間違いとはいえないものもあります。読者への配慮や紙面上の統一などの点から決めているものは、理由とともに示しています。

    どうして化けた

     追微金 → 追徴金

     形は似ていても読みの違う字がどうして入ったのか不思議です。別の日は「国税庁長官を微税のトップに厚遇」と、徴税が微税に化けていました。活字を拾い手作業で版を組んでいた時代を思わせるミスですが、もしや「徴」を「び」と間違えて入力したのでしょうか。驚くことに国税庁のホームページにも「追微」が出現しています。チェックするときは変換ミスばかりを疑わずに、先入観なく一字一字見る必要がありそうです。

    まとまりで変換がコツ

     人身一新を図る → 人心一新を図る

     内閣や与党幹部などの人事でよく使う言い回し。心を入れ替えるのでなく、人間を交代させるのに「人心」と書くのは、「世の人々の気持ちや考え」(明鏡国語辞典)、つまり世論の風向きなどが変わることを願う表現だからです。入力時に「じんしん」と「いっしん」に分けてしまうと、どちらも同音の変換候補が多数。「じんしんいっしん」とまとまりで変換すれば、誤りの可能性はかなり低くなるはずです。

    人生いろいろ、歴任もいろいろ

     ○を歴任 → ○などを歴任、○を務めた

     人物の略歴の要注意点。「歴任」はいろいろなポストを務めてきたという意味なので、一つ挙げるだけなら不適切です。また略歴の「出身」の使い方も問題になります。「△出身」というと、△が出生地なのか、幼少年時長く過ごした地なのか、はたまた卒業時点の地なのかが曖昧です。出生地が確認できれば「□年、△生まれ」と書くとすっきりします。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです