メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

499 探査機「インサイト」打ち上げ 初めて火星の内部構造を探る

 さる5月5日、新しい火星探査機が米国西部のバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられ(写真)、探査機「インサイト」は火星への一人旅を始めました。インサイトは火星内部構造を探査するという史上初の任務を担います。ランダー(着陸機)を軟着陸(なんちゃくりく)させ、火星の地震(じしん)、自転の微妙(びみょう)なふらつきを測定するほか、約5メートルの深さまで入れる熱流量計で地下からの熱の流れを記録し、地面の下の構造を探るのです(図1、左下の丸い機器が地震計(じしんけい))。

 地球内部の構造を調べるのに地震計が使われていることは知っているでしょう。インサイトも主な機器として…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1353文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]