メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

499 探査機「インサイト」打ち上げ 初めて火星の内部構造を探る

 さる5月5日、新しい火星探査機が米国西部のバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられ(写真)、探査機「インサイト」は火星への一人旅を始めました。インサイトは火星内部構造を探査するという史上初の任務を担います。ランダー(着陸機)を軟着陸(なんちゃくりく)させ、火星の地震(じしん)、自転の微妙(びみょう)なふらつきを測定するほか、約5メートルの深さまで入れる熱流量計で地下からの熱の流れを記録し、地面の下の構造を探るのです(図1、左下の丸い機器が地震計(じしんけい))。

 地球内部の構造を調べるのに地震計が使われていることは知っているでしょう。インサイトも主な機器として…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1353文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです