メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

反米切手、今年は「幻」? 北朝鮮、会談次第で回収も

「反米共同闘争月間」の切手。4種とも米国への敵意むき出しの図柄だ

 北朝鮮が例年、朝鮮戦争が勃発した6月25日に発行してきた「反米共同闘争月間」の記念切手が、なぜか既に印刷、発行され、海外の切手収集家らの間に出回っている。6月12日に史上初の米朝首脳会談が開かれ、両国関係が好転すれば、当局により回収され「幻の切手」になる可能性も。そのミステリアスな背景が関心を呼んでいる。【鈴木琢磨】

 今年発行された切手は全4種類。いずれも印面に<反米共同闘争月間><2018>とある。10ウォン切手…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1054文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです