メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

反米切手、今年は「幻」? 北朝鮮、会談次第で回収も

「反米共同闘争月間」の切手。4種とも米国への敵意むき出しの図柄だ

 北朝鮮が例年、朝鮮戦争が勃発した6月25日に発行してきた「反米共同闘争月間」の記念切手が、なぜか既に印刷、発行され、海外の切手収集家らの間に出回っている。6月12日に史上初の米朝首脳会談が開かれ、両国関係が好転すれば、当局により回収され「幻の切手」になる可能性も。そのミステリアスな背景が関心を呼んでいる。【鈴木琢磨】

 今年発行された切手は全4種類。いずれも印面に<反米共同闘争月間><2018>とある。10ウォン切手…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1054文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです