メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

小中学校に校歌を 日本から故郷に思いはせ、難民男性贈る

今年3月、ヤンゴン市のモータウッパン小学校で新しくできた校歌を歌う子どもたち=チョウチョウソーさん提供

 軍事政権の弾圧から日本に逃れたミャンマー難民のチョウチョウソーさん(54)=千葉市=が、祖国の小中学校に校歌を作る活動をしている。ミャンマーでは校歌を聞いたことがなく、来日して初めて校歌の存在を知ったという。今も社会不安や貧しさから国外で暮らすミャンマー人は多く、「離れ離れになっても、校歌があれば故郷を思い出せるのでは」と願っている。

 民主化運動に参加したチョウチョウソーさんは当時の軍事政権の弾圧が強まった1991年に日本に逃れ、9…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです