メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・ヴィクトリアマイル (日曜競馬)

好機到来、リスグラシュー

 リスグラシューが初のG1を制覇する。昨年の牝馬3冠は桜花賞が0秒1差2着。オークスは伸び切れず5着に終わったが、秋華賞は重馬場ながら直線よく追い上げて2着と奮闘した。世代の頂点で大崩れなく勝ち負けを演じてきた実力馬だ。東京マイルはアルテミスSと東京新聞杯を制覇。コーナー二つのこの舞台はギアチェンジも馬群のさばきもスムーズだ。前哨戦の阪神牝馬Sは1000メートル通過61秒0のスロー。先行馬に有利な流れだったが、33秒3の末脚を駆使して3着と力は示した。直線の長い東京なら差し切…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです